日本のスタイル

日本のスタイル

日本のサッカーって何?「タテイチ」?そう、数十年前の日本のサッカーはDFから前線に直接ロングパスを出し、FWの選手はひたすらボールを追いかける。 追いついたらすぐにシュートを放つ。 といった具合に縦パス一本でフィニッシュまでもっていく、すなわち「タテイチ」のサッカーが主流だった。 過去の全国高校サッカー選手権を見返しても「縦!縦!」と叫ばれているシーンが一際目立っている。 そんな「タテイチ」の時代からポゼッションサッカーへの時代へと進化を遂げようとしている。 ポゼッションの説明は省略するとして、結局は「無理をしないでパスを回せ!」という考え方になる。この戦術を否定するわけではない。 国民性を考えると日本人にはむいている戦術なのかもしれない。 しかし、スペインリーグのとあるチームが戦術としているポゼッションサッカーを果たして簡単に受け入れてしまって良いのだろうか?

ポゼッションとはウィキペディア参照
日本語では「支配率」と訳される。要するに自チームがボールを持っている状態をボールポゼッションと呼ぶ。 自チームがボールを持っている限り、相手に得点を奪われる可能性は無いという考え方が元になっており、チーム全体でパスを回して、自チームが常にボールをキープすることで試合の主導権を握ろうという戦術である。 現代のサッカーの戦術の多くがそうである様に、この戦術もまたトータルフットボールを基にして考え出されたものだとされている。

ブラジリアンサッカー理論

ブラジリアンサッカー理論

日本のサッカー界の礎を築き上げたとされる三浦知良選手が今でもプロとしてプレーできているのは、若いころに培ったブラジルでのトレーニングのおかげではないでしょうか。 見た目が立派な御殿を建てたとしても、基礎がしっかりしていないと災害時すぐに崩れてしまいます。 身体も技術も同じことが言えます。 若いころにしっかりと体作りをして、基礎練習を毎日繰り返すことで、サッカーに必要な基盤が出来上がり、多少のことではビクともしないプレーヤーになるということです。 基盤がない者にいくらポゼッションサッカーを求めたところで、見た目だけ立派な御殿と一緒ですぐに崩れてしまいます。 その基礎・基盤の原子となるモノが「メンタルの強さ」であり、「ハングリー精神」と言われております。

ハングリー精神

ハングリー精神

現在の日本における豊かな環境の中で、このハングリー精神を鍛えることは非常に難しく、現代の若者に一番足りないことだと感じています。
昔話を比較に出したところで心に響かない現代人。
手を伸ばせば何でも手に入る世の中。
面倒くさい、やりたくない、だったらしなければいい。
そんな環境をつくり、育ててきた大人の責任です。
たしかにハングリー精神を養ったところで日常の生活に支障はないのかもしれないが、「夢を簡単に諦める少年」を育てていることをもっと自覚してほしい。
「プロサッカー選手になりたい」「なれればいいね。」ではない、「なるためにはどうしたらよいか?」を一緒に考え、一緒に夢を叶える強い気持ちを持って頂きたい。
ワールドカップ開催やオリンピック開催で騒がれているブラジルでは、数十年前から何一つ変わってないところがあります。
それは、国民男性の半数以上が「プロサッカー選手になり、お金を稼ぎ、家族を養いたい」という夢を持っていることです。

人生をかけた戦い

人生をかけた戦い

ブラジルにおいて、プロサッカー選手になるということは「夢物語」であり、「人生をかけた戦い」でもあります。
18歳までにビッグクラブに入団することができなければ、サッカー選手を諦めなければいけない現実が待っています。
日本においてプロサッカー選手として仕事にできている人が一握りというのであれば、ブラジルではさらに一握りにしかすぎません。
一日一日、いつ戦力外通告されてもおかしくない状況で戦っているのです。
そんなブラジルのクラブのなかで勝負をする日本人選手は、メンタル面、技術面においても成長しないわけがありません。。
夢を掴み取るためには、生半可な気持ちでは掴み取ることができないことだけは脳裏に刻んでおいてください。

滞在期間

短期(10日~30日位)、中期(1ヶ月から半年)、長期(6ヶ月以上)から受け付けます。

留学までの流れ

手順1)
まずはご連絡
手順2)
面談※東京・神奈川で行います。
手順3)
チームの受入準備
手順4)
費用提示・出発日の設定
手順5)
契約・渡航準備(パスポートの取得、ビザ査証申請、各種書類作成)

費用

短期40~60万円(約10日間滞在)、中期90~110万円(3ヶ月滞在)、長期250~300万円(1年間滞在)

費用に含まれるもの
  • 渡航費(航空チケット、ビザ査証、代行手数料)
  • 滞在期間中の宿泊代
  • ブラジル国内移動費
  • 食事代
費用に含まれないもの
  • 旅行保険代
  • お土産、お小遣い等
  • 日本国内の交通費

※出発時期等によって異なります。

その他

選手の留学だけではなく、指導者留学も受け付けております。費用は実費+コーディネート料のみ。)

photo by : FOOTARTST JUN